幻獣 鳳凰

古代中国で、麟(りん)、亀、竜、とともに四瑞として尊ばれた想像上の霊鳥。聖徳の天子の兆しとして世に現れるとされ、瑞祥文様として用いられています。「牡丹」柄とほぼ同じ時期に製作開始。「牡丹」柄がやや女性向きの図柄だったため、男性向きにと考案したところ、「鳳凰」柄も女性に人気を博しました。

片口

用途:
大きさ:

舟形皿

用途:
大きさ: